タカセの「物流代行」サービスのキーワードは三つです。

 


バリュー・クリエーション

  • タカセは「物流代行」サービスの提供により、お客様企業のサプライ・チェーン・マネージメントに協力し、お客様の企業価値向上に貢献したいと
    考えます。
  • タカセの社是は「ADD SYSTEM」です。
    タカセのサービスを通じコスト節減・効率化・顧客サービス・レベルアップなどによりお客様企業に新たな価値を創造するお手伝いをしたい、
    これがタカセの「ADD SYSTEM」です。

 

コストの共有

  • タカセの「物流代行」サービスはお客様のパートナーとしてお客様 と利益共同体を組むことを前提としております。
  • タカセはお引き受けにあたり、お客様の物流コストの現状を把握させて頂くと共にお引き受けする業務のコストについてはタカセの原価をお客様に
    開示させて頂きます。
    そして、コストの目標額をお客様と協議して取り決めます。
  • 又従来のサービスとは違い「物流代行」サービスの場合は「COST & FEE」ベースでお見積を致します。
  • タカセが頂くFEE(手数料)はお客様と合意の上でコストの何%という基準で頂戴する形になります。
    即ちコスト削減のメリットはお客様に取って頂こうというものです。

トータル&グローバル

  • ビジネスがある限りお客様の物流部門は「こんな事は出来ません」「こんなところへは運べません」とは簡単に言えないはずです。
    タカセは手配業者ではありません。
    タカセは「物流代行」をお引き受けしたからには必要なことはトータルにそしてグローバルに行います。
  • これを支えているのがタカセのサービス・インフラです。

 

    ☆全国及び海外に保有する保管・商品センター・流通加工用設備

    ☆国内高密度配送システム タカセ「まごころ便」

    ☆タカセの海外現地法人と代理店網で構成するグローバル・サービス・ネットワーク

    ☆国際一貫複合輸送網タカセ「ADD SYSTEM CARGO LINES」

    ☆タカセの情報システムとタカセの関係会社である物流専門システム開発会社「システム創研」

    ☆輸送資機材・作業人員確保・警備保障等物流サービスをサポートする関係会社群


ハード&ソフト

  • 物流に関連する多量の作業や事務は物流部門のみならず調達・生産・販売等各部門にありますのでその処理と管理に必要な人員が存在します。
  • タカセの「物流代行」サービスはタカセのノウハウをベースに物流に関連するいろいろな作業や加工とその管理に必要なシステム構築、それによる
    実際のデータ作成や事務処理を含めてお引き受けし物流部門に限らずお客様企業全体の省力化・人材活用に貢献します。
  • 又お客様が自社の物流をアウトソーシングされようとする場合には、自社の物流を支えてきた人材や設備をどうするかが大きな問題となることが
    しばしばあります。
  • タカセは「物流代行」サービスに当たってはお客様の既存の人材の活用、設備の利用についてもご相談に応じます。
  • (タカセの物流加工ノウハウ)物流加工はタカセの得意芸のひとつです。需要の個性化と云われる中で、消費者になるべく近い段階で消費者の
    好みに合わせた最終商品化を行おうとする傾向が顕著になっております。(「postponement」)
  • 部品装着・組立て・組合せ・小売包装等従来工場で行っていた様な工程をその先の流通段階迄先延ばしして行おうとするものです。
     「こんなことまで出来るのか」ということまでいろいろお引き受けしています。
  • (共同化・統合化のノウハウ)同じ製品でも複数の販売チャンネルでディストリビューションされていることや、多数の供給元から多数の供給先に
    配送が交錯して行われていることは珍しくありません。
  • タカセの全国の物流センターは貴社の商品センターとして機能し配送の証憑書類・伝票類の共通化・配送の統合化によりディストリビューションの
    効率化・リードタイムの短縮化に貢献します。
  • タカセは時間との勝負である音楽メディア等配送や事務処理の共同化・共同管理の面でも多年の経験とノウハウを蓄積しております。
  • (情報システム力)タカセのノウハウを基礎に設備や業務の運営と管理・お客様へのサービスを支えているのが、タカセの情報システム力です。
  • お引き受けした物流について、商品が今どこにあるのか、どういう状況かなど海外から日本国内迄、リアルタイムに情報を提供する「CARGO TRACING SYSTEM」はその一例です。
  • タカセの「物流代行」サービスはお客様の物流とそれに連関するシステム全体について最適化できるようにシステム提案を行います。
     併せてこれによる帳票・管理情報の充実と最適化はお客様の事務処理・管理業務の簡素化とマーケティングに貢献します。
  • タカセは物流情報システム専門家集団である「システム創研」を擁しシステム・ハウスとしてお客様の物流システムの設計をお引受けしています。