採用TOP
社長メッセージ
物流という仕事
タカセという会社
タカセの仕事

物流という仕事 ~プロローグ~

 タカセの採用ページをご覧になった皆さんは、少なからず、「物流」という仕事に興味を持たれたいからではないかと思います。
 タカセがどのような会社なのかを説明する前に、具体的に「物流」とは何か?という点についてお話ししたいと思います。 

  

☆「モノを運ぶ」という行為はなくなりません

 世の中の科学技術がどんなに発達しようとも、インターネットの普及で手元の端末一つで何でも済まされる世の中であっても、「モノを運ぶ」と言う行為は決してなくなることはありません。

 便利なコンビニエンスストアにはたくさんの商品が並んでいますが、これらの商品は必ず、どこかから「運ばれて」商品棚に収まっているはずです。

 また、ネット通販で商品を注文すれば、必ず宅配便等で商品が皆さんの手許に届けられています。

 これらの事こそが、まさに「物流」と皆さんとの出会いであるわけなのです。
  一般の方々はそれ以上「物流」と関わることがあまりないかもしれませんが、世の中に存在するありとあらゆる「モノ」は多かれ少なかれ私たち物流業者が何らかの形で「運ぶ」こと、「保管する」こと、はたまたモノに「付加価値を付ける」ことに携わっているのであります。

物流という仕事
「運ぶ・結ぶ・創る」 ~物流をとりまく3つのキーワード~
運ぶ
結ぶ創る