なぜ今「サード・パーテイ・ロジスティクス」なのでしょうか?

  • 世界はインターネットの普及と利用技術の高度化、すなわちE-COMMERCEの進展で販売方法や流通経路は大きく変化しつつあります。
    しかし、モノ作りとこれを消費者に届ける物流は決して電子化できません。
  • 物流はこれまで複雑な流通経路のなかで分担され、一つのサプライ・チェーンと考えたときのその全体像は把握が難しいというのが実状であったように思われます。
    しかし流通経路の簡素化と情報化による消費者との直結の動きの中で、物流をサプライ・チェーン全体を貫く一つのまとまった機能として捉えて
    その最適化を計ろうとする方向にあります。
     そしてこれを他人に任せた方が有利な場合は一括して外部委託しようという動きにつながっております。
  • また、E-COMMERCE化の進行でインターネットをベースにする情報インフラがあればマーケティングと金融・決済機能は可能という時代になりつつあるといわれております。
     しかし現実にモノを扱う物流インフラは自分で簡単に持つことはできません。
    なければ誰かを利用しなければなりません。
  • 物流業者もこれまでは物流機能毎にサービスを提供することが主な仕事になっておりました。
     しかしこれからは、ある事業の物流全体を一つのまとまった仕事であるサービスとして提供することが求められる時代になりつつあると考えております。

 


3PLと従来の契約との違い

  • サードパーテイ・ロジスティクスはお客様と物流業者との関係から見て具体的に従来とどう違うのか、いろいろ解説されておりますが当社では
    次のように理解しております。

 

  従 来 3PL
顧客と物流業者の関係 上下関係(下請け) パートナー的
委託内容 各物流機能個別 包括的
契約期間 ケースバイケース 長期
利害関係 相反的 利益共同体的



  • 従来、物流業者は荷主と呼ぶお客様から保管とか輸送・配送・通関等を個別に又は幾つかのサービスをまとめてご用命を頂いております。
    この場合、お客様と物流業者のどちらもお互いの懐具合は分からないわけですから、お客様はなるべく安く、逆に物流業者側はなるべく高く料金を取り決めて頂けないかとせめぎあうことになります。
  • 一方、3PLの場合はお客様がこれまで自社で行っていた業務を含めて物流関係業務をある範囲で包括的にまた長期間お任せいただくことになります。
    これまでよりお客様にとってはコストも含めたメリットがないと委託した意味がありません。
    従い、3PLの場合はお互いのコストやこれまでのやり方を開示して、どういうメリットを出すのか目標を決めて双方で努力する形が前提になります。

 

3pl.jpg


3PL業者の要件

  • 当社は3PLお引き受けを標榜するには少なくとも物流業者として次の様な要件が必要であると考えております。

    ☆物流業務の経験・ノウハウ、業務及び物流設備運営能力

    ☆物流業務の設計及びコンサルティング能力と提案能力

    ☆企業としての信用力(良好な財務内容)

    ☆情報システム

    ☆サービス・インフラ(国内・国際)


 タカセはこれらのいずれにつきましてもお客様に満足していただけるレベルにあると確信しております。