化粧品・医療機器の輸入取扱~商品管理~納品まで
省力化と高品質を実現する物流サービスをご提供いたします

『サービスとメリット』

  • 化粧品・医薬機器の流通・物流における取扱いを熟知した責任技術者が常駐し、業務/品質管理を実施致します。
    (各荷主企業(製造販売業社)様の責任技術者を常駐させる必要はありません。)
  • 化粧品、医療機器の輸入通関(弊社通関部にて通関申告)後、商品を直接弊社倉庫に搬入し、出荷検品を行い、市場に流通させることができて
    います。
  • 商品の再梱包(化粧箱への入替)、薬事用ラベルの貼付/効能書きの封入など、対応致します。入庫から出荷までのリードタイムの短縮、横持ちによる配送料金の削減ができます。
  • 薬事法に関わる新規商品(化粧品)の輸入をお考えで、物流に対する法的な問題をクリアするためのお手伝いを致します。(輸入代行サービス)

薬事物流サービス(クリックで拡大します)


『荷主様における問題事例 ⇒ タカセ薬事物流サービスで出来ること』

 


Q1:少量多品種商品の加工や出荷に対応できない。

   ⇒A1:お客様からの指示によるピース単位での検品・加工・シリアル/ロットナンバー管理・出荷ができます。


Q2:薬事法というボトルネックが、物流業務のムラとムダを発生させており、コストの増大につながっている。

   ⇒A2:タカセの薬事物流サービスによるスキルとノウハウにより、コストを下げ、変動化することができます。


Q3:倉庫の保管許容量を超えてしまい、取扱商品の増加に対応出来ず、業務拡大が難しくなっている。

   ⇒A3:今後見込まれる出荷数量の増加や商品アイテム数の増加に合わせた保管スペースをご用意致します。


Q4:自社による業務改善・拡大を行う際に、「システム構築」や「責任技術者の配置」等の多大な投資が必要になってしまう。

   ⇒A4:「情報システム」「物流ノウハウ」「各製造業の許認可(医療機器製造業、化粧品製造業)」を最小限の投資でご利用頂けます。

 

◎化粧品・医薬機器の流通・物流における取扱いを熟知した責任技術者(提携薬事コンサルティング)が常駐し、業務/品質管理を実施致します。
(各荷主企業(製造販売業社)様の責任技術者を常駐させる必要はありません。)

 image1.jpgimage2.jpg image3.jpg


【許 可】

化粧品製造業(包装・表示・保管)
医療機器製造業(包装・表示・保管)

【許可事業所】

タカセ株式会社 東京港営業所
東京都大田区東海4-9-17


改正薬事法への対応にお困りで、物流業務のアウトソーシングを
ご検討の方は、せひ弊社へご相談ください。

 

img_mail.gif

 

タカセ株式会社  〒105-0004 東京都港区新橋1‐10‐9  TEL:03-3571-9812

E-mail: webmaster@takase.co.jp